我々の仕事は、サスペンションを通じて皆さんに”心地良さ”を提供すること
貴方の楽しみ方に合わせた、心地良いバイクをつくるお手伝いをします

 もっと”速く・楽しく・安全に”。ライダーの感性に合わせてアジャストされたバイクの”心地良さ”を、より多くのライダーに知って欲しい。それが我々スクーデリアオクムラがサスペンションのメンテナンスとチューニングを始めた理由です。

 大切なのはエンジンのパワーではなく、ドライバビリティ。その重要性は、ライダーとしてホンダ、ヤマハのファクトリーマシンを走らせてきた奥村裕が、プロとして全日本ロードレース選手権、世界グランプリロードレースを戦いながら学んだことです。

 かつて、サスペンションのプロショップとしてスクーデリアオクムラを立ち上げたとき、我々が最初に行ったのは地方選手権巡りでした。サスペンションをアジャストするための知識や技術を持たないライダーのために、何かできることはないか、と思ったからです。

 実際に現場で話を伺ってみると、彼らの悩みはハンドリング、つまりドライバビリティに関するものが大半でした。またその後、ご来店いただけるようになったストリートを走るライダーの皆さんに話を伺っても、レースを走るライダーたちと同じ悩みを抱えている・・・・・・ということに気がつきました。

 サーキットでタイムを出す、ワインディングを気持ち良く走る。長距離を快適に走る。バイクにはいろいろな”楽しみ”があります。その”楽しみ”を左右するのがサスペンションの役割なのです。そしてそれは、レースでもストリートでも、実は同じなのです。レースの現場で経験を積み、年間2000セット以上のサスペンションを手がける今、その考えに間違いはないと確信しています。

 ぜひ一度、我々のファクトリーに遊びに来てください。悩みや不安を解消する糸口が、サスペンションのメンテナンスやチューニングで見つかるかも知れません。熟練スタッフが居心地の良いファクトリーで、コーヒーを沸かしてお待ちしています。


copyright(C)2008 SCUDERIA OKUMURA All right reserved.