Blog

20150527_1353788

WR250X(2013model) リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

ヤマハモーターハイドロリックシステム社製モノショックです。
エンデューロコンペティションモデル「WR250F」の公道用市販モデルを造る。というコンセプトの下、WR250R/Xの開発がスタートしたそうです。
「公道用市販モデル」といっても、公道用トレールとして初の鍛造アルミフレームの採用や、77x53.6mm超ショートストロークの新設計水冷エンジンは、チタンバルブを採用するなどして、31ps/10,000rpmのスペックを誇り、限りなくコンペテションモデルに近いオンロードのYZF-R1のような「フラッグシップモデル」と言えます。
今回、リヤショックのフルメンテナンスをご依頼いただいたWR250Xは、モタード仕様となっており、前後17インチのホイールにオンロードタイヤを採用。フロントブレーキディスクの外径やキャリパーもモタード仕様に設定されています。
今回はリヤショックのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
リヤショック (ヤマハモーターハイドロリックシステム MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)


関連記事

  1. 20150303_1261701
  2. 20150613_1370687
  3. 20150429_1320557
  4. 20190310_2245066
  5. 20150415_1304127
  6. 20150515_1338393

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP