Blog

20110118_1880837

風の会

私にとって鈴鹿8耐での大切な任務があります。
「風の会」  
先輩レーサーの水谷 勝さんが立ち上げた活動ですが、水谷さんが以前、下半身麻痺の障がい者の方をバイクに乗せて走ったことがあるそうです。
その時に動かないはずの脚がピクッと動いたように感じた、と。水谷さんの身体にその信号が伝わったそうです。
本当に脚が動いたかどうかは解りませんが、障がいのある方にバイクに乗ってもらいたい。鈴鹿の風を感じてもらいたい。

そんな思いから水谷さんが各方面に働きかけてこの会は続いています。
元&現役国際A級のレーサーがライダーとなって、8耐の予選終了後に障がい者の方とタンデムでフルコースを1周します。

2002年から始まって今年で7回目。
私も最初から参加させていただいていて、今年も含めて7名の方とタンデムランを楽しませてもらいました。
ボランティアスタッフと私たちレーサー、それに障がい者の方が一体となってこの活動を続けていきます。
去年、鈴鹿での練習中に大クラッシュをして瀕死の重症から蘇った水谷 勝代表も一緒に走ることができました。
感激です。

今年、私と一緒に走ったのは、鈴鹿市在住の恩田さん。
4年前に仕事中の事故で怪我をされたとのことですが、とても前向きな方。いろいろたいへんなこともあると思いますが、恩田さんご夫婦はご自身のこと以上にお友達のことを気に掛けていらっしゃいました。
心優しく力強いおふたりにお会いできてパワーをいただきました。

西コースピットからのスタートです。今回はホンダSL230に乗りました。
どうしても準備に時間が掛かってしまうので、待ち時間が長くなってしまします。転倒どころか、絶対に、絶対に、立ちゴケも許されません。
待ってる間の緊張感はレースとは異質のものです。

そして、コースイン。いつも走りながらコースを解説するのですが、あっという間の1ラップ。
せめてもう1ラップしたいところです。

終了後の記念写真。
小さな活動ですが、これだけ大勢の人が一緒になって、やり続けていくことが大事なことだと思います。毎年、鈴鹿8耐の土曜の夕方に心地良い感動をもらっています。ありがとうございます。

関連記事

  1. 20130107_37936
  2. 20150507_1329728
  3. 20130105_34193
  4. 20110118_1880949
  5. 20190421_2262709
  6. 20190702_2292769

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP