Blog

20140715_1009237
  • BMW

BMW K1200RS前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

PENSKE RACING SHOCKS製モノショックです。
BMW K1200RSは、水冷縦置きDOHC4気筒というBMW独特のレイアウトを採用しています。
BMWでは初の100ps超えの130psの出力ですが、エンジン特性をうまくチューニングして、ロングラン、それも何日にも渡って続けて走ることを前提に、疲れにくい特性に仕上げています。ミッションは6速ですが、6速目は燃費と騒音を抑えるためのオーバードライブの設定になっており、フロントサスペンションは非常に安定感のあるテレレバーシステムを採用しています。
今回前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただいたのは、元々スクーデリアオクムラのデモ車両をお客さまにご購入いただいた車両です。前後サスペンションにPENSKE RACING SHOCKS モデル8987を装着。ササキスポーツクラブさんのチタンフルエキゾーストも奢った1台です。もちろん、私もこのK1200RSで何度もツーリングに出掛けました。どの回転域からでもストレスなくスムースな加速力や、追従性の高いサスペンションをさらにバージョンアップしたペンスキーショック、安定したブレーキングなどなど、どっしりとした安定感と共に、スーパースポーツとは質の違う高い運動性は最高です。アウトバーンでは時速200キロ超えで不安なく巡航できると聞いていますが、このバイクならうなずけますね。
今回は前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
フロントショック (PENSKE RACING SHOCKS 8987 MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
フロントショック脱着              :¥18,000-
リヤショック (PENSKE RACING SHOCKS 8987 MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック脱着                :¥12,000-


関連記事

  1. 20180315_2080080
  2. 20190803_2305698
  3. 20150212_1243261
  4. 20140128_786076
  5. 20130416_281208
  6. 20150112_1212817

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP