Blog

20150423_1314232

DUCATI 1098S OHLINSフロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

OHLINS製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークです。
2007年に登場したDUCATIスーパーバイクです。
前のスーパーバイクモデル999が916系の流れから大きく転換した前衛的なスタイリングだったことから賛否両論ありましたが、この1098になって、名作916の流れを受け継ぐようなデザインに「戻った」ように思えます。
常にスーパーバイク世界選手権を意識し続けるDUCATIは、2008年から2気筒マシンの排気量の上限が1,200ccに変更されることを見越して、1,099ccの「テスタストレッタエボリューション」エンジンを搭載。前モデルからエンジンだけで5kgの軽量と20馬力ものパワーアップを達成し、157psのピークパワーを搾り出します。また、1098Sには「DDA/ドゥカティデータアナライザ」と呼ばれ、motoGPやスーパーバイク世界選手権などレースマシンに搭載されるデータロガーシステムを標準装備しており、水温、車速、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、ラップタイムといったデータを、専用のUSBメモリに記録し、パソコンの専用ソフト上でグラフ化して見ることができる楽しみもセットされています。
今回はOHLINSフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
ハイテク技術が進んでも内燃機エンジンの基本は変わりませんし、サスペンションも油圧ダンパーの基本は変わりません。
本来の性能を確実に、正確に機能させること。ここが重要なポイントだと思います。
フロントフォーク (OHLINS 倒立)
フルメンテナンス                  :¥41,800-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)


関連記事

  1. 20130521_373126
  2. 20140811_1040905
  3. 20150518_1342141
  4. 20190611_2284297
  5. 20190204_2230474
  6. 20190922_2323282

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP