Blog

20200909_2443865

bimota db-1フロントフォークのフルメンテナンス、リヤショックのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

マルゾッキ製インナーパイプ径φ41.7mm正立フロントフォークと、マルゾッキ製モノリヤショックです。
bimotaの中心であり、顔であったマッシモ・タンブリーニさんが去った後、bimotaを支える次期エースがドゥカティでエンジニアとして働いていたフェデリコ・マルティーニさんです。
これまでのbimotaのカラーを一新して、定番であったトラスフレームに同軸ピボットの車体構造から、フレームパイプを一切曲げないトライアングルを組み合わせた超コンパクトなフレームを造り上げました。
搭載するエンジンはドゥカティF1用Vツイン。
斬新なフルカバーのFRP製カウルもこのモデルの特徴です。

スクーデリアオクムラでは、bimotaなどの希少なマシンのサスペンションのメンテナンスやチューニング、時にレストアのような内容のご依頼もお受けしています。
名車を積極的に走らせるためのお手伝いをさせていただきます。






#スクーデリアオクムラ #scuderia okumura #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #kyb #showa #bpf#フロントフォーク #リヤショック #meチューニング #奥村 裕 #penske racing shocks #ペンスキーレーシングショック #ohlins #wp #hyperpro #hypercoils #bpf #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #bimota #db-1

関連記事

  1. 20150330_1287250
  2. 20150722_1415275
  3. 20140701_992753
  4. 20190228_2240733
  5. 20140424_903637
  6. 20190621_2288320

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP