Blog

20140926_1092583

NSR250Rペンスキーリヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

PENSKE製モノショックです。
1986年にNS250Rがフルモデルチェンジされ、NSR250Rが登場しました。新設計の「目の字断面」を持つアルミニウム製ツインスパーフレームに、クランクケースリードバルブの水冷2サイクル90° V型2気筒エンジンを搭載し、市販レーサー RS250Rをそのまま公道用にスケールダウンしたようなまさにレーサーレプリカモデルです。
1987年に2代目、1990年に3代目、1993年に最終型となる4代目がリリースされます。
当時はNSR250R、TZR250、RGVΓ250、KR250の販売促進のために、各メーカーがしのぎを削り、莫大な予算を注ぎ込んで、技術開発、プロモーション活動を進めていましたから、レース活動へのプライオリティも非常に高く大いに盛り上がってありがたかったのですが、今から思うと誰もがせわしなくて落ち着きがなかったような気もします。日本全体がそんな感じだったのですね。

 

今回は過去にスクーデリアオクムラで販売したNSR250R用ペンスキーショックのフルメンテナンスをご依頼いただきました。何年経っても正しいメンテナンスを施すことでサスペンションは新品の状態に蘇ることができます。
リヤショック (PENSKE RACING SHOCKS MONO 8981)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)



関連記事

  1. 20150330_1287240
  2. 20130520_371165
  3. 20190329_2253199
  4. 20131018_642106
  5. 20191110_2342430
  6. 20140806_1034935

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP