Blog

20141031_1135782

CB1100Rフロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ39正立フロントフォークです。
70年代後半から80年代に掛けて世界耐久選手権レースで活躍したホンダのワークスマシン「RCB」のレプリカ的存在のCB1100Rです。1981年から1983年に約5,000台がヨーロッパやオーストラリアでの耐久レースに出場するためのホモロゲーションモデルとして販売されました。
当時の価格で250万円という破格の値段が付けられており、現存する車両はどれも大切にされており、とてもきれいで良いコンディションに保てれています。この車両のサスペンションメンテナンスのご依頼はとても多くいただいており、CB1100Rにおいても愛車を大切にされているオーナーさまのお手伝いができることをたいへん光栄に思います。
今回はフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。

特徴的なリヤショックのフルメンテナンスも可能です。
フロントフォーク (SHOWA 正立)
フルメンテナンス                :¥26,620-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (SHOWA TWIN)
フルメンテナンス                :¥35,200-
(左右ペア、基本交換パーツ、オイル、
 パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)



関連記事

  1. 20190521_2275237
  2. 20190907_2317972
  3. 20190707_2295001
  4. 20191019_2333618
  5. 20200303_2383971
  6. 20150923_1474796

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP