Blog

20191124_2348244

ZX12R(2000model)フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークです。

この時期のカワサキフラッグシップモデルは、モデルチェンジごとに排気量アップがされており、エンジンが肥大化する傾向にありました。広がってしまうエンジン幅を車体幅に反映しない工夫として、メインフレームがエンジンの外側(横)でなく、上を通る、量産モデル初のバックボーン型モノコックフレームをカワサキが採用したのがこのZX12Rです。当時、どのメーカーも「世界最速」にこだわっていた時代で、ZX12Rもエンジン性能向上を追求した結果、極端なビッグボアの高回転型、高速仕様となっており、さらに川崎重工の航空機部門の技術をも取り入れて、現在moto GPで採用されているカウルに装着したウイングの採用などエアロダイナミックスを追求したボディ形状を造り上げることで「世界最速」を追い続けました。

今回はフロントフォークのフルメンテナンスをお任せいただきました。「尖がった」バイクを乗りこなすことは楽しいこと。そのためにはしっかりとしたメンテナンスが必要です。スクーデリアオクムラがお手伝いいたします。

 

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #ZX12R

関連記事

  1. 20130124_62797
  2. 20190209_2232514
  3. 20190209_2232525
  4. 20131125_700973
  5. 20131001_616743
  6. 20150605_1362839

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP