Blog

20150220_1250408

MV AGUSTA F4 BURUTALE750S(2004model) フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

マルゾッキ製インナーパイプ径Φ50倒立フロントフォークです。
イタリアの天才デザイナーマッシモ・タンブリーニさんが造り上げたアグスタ初のネイキッドモデルがブルターレです。
現在となっては定着した感のある「スーパーネイキッド」スタイルの先駆けとなったモデルがこのブルターレではないでしょうか。
F4のディメンションをそのままにアップポジションに造り換え、リラックスポジションを得ながらもF4譲りのポテンシャルの高いハンドリングに仕上がっています。エンジンはカムシャフトなどの変更によって、低速域からの扱いやすさに重点を置いた仕様設定としています。10年以上経過しても、尚、美しさに色褪せを全く感じることのない造形は、さすがタンブリーニさんの作品です。
今回はこのF4 BRUTALE750Sのフロントフォークフルメンテナンスをお任せいただきました。時が過ぎてもマシンの美しさが変わることはありませんが、機能部品の経年劣化を避けることはできません。定期的なメンテナンスが大切です。
フロントフォーク (マルゾッキΦ50倒立)
フルメンテナンス                :¥62,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック(SACHS)

フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)


関連記事

  1. 20180322_2083131
  2. 20190401_2254389
  3. 20130716_492103
  4. 20130530_394644
  5. 20140929_1096491
  6. 20190331_2254086

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP