Blog

20190112_2220842

ワークスパフォーマンス(WORKS PERFORMANNCE)リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

ワークスパフォーマンス製リヤショックです。

アメリカ、カリフォルニア発祥のサスペンションブランドです。80年代にAMAロードレースでエディ・ローソンが駆るKZ1000にワークスパフォーマンスのリヤショックが装着されていたことから、Z系をはじめとするカワサキのネイキッドモデルのお客さまにはとても人気の高いサスペンションです。現在、アメリカのワークスパフォーマンス社の活動が停止しているようですが、スクーデリアオクムラでは独自のルートでワークスパフォーマンス正規のメンテナンスパーツをストックしており、問題なくメンテナンスが可能です。

ワークスパフォーマンスリヤショックに使われている樹脂製のブラダが(リザーバタンク内でオイル室とガス室を隔てているパーツ)破損するトラブルが多いのですが、スクーデリアオクムラではブラダをリザーバキャップと併せて信頼性の高い日本製のパーツに交換しています。外観からは全く違いは判りません。

また、錆や傷が発生していまったダンパーロッドも再メッキ加工によって再生ができます。

疲れてしまったワークスパフォーマンスサスペンションはスクーデリアオクムラで完全に蘇ります。

ワークスパフォーマンスリヤショックのフルメンテナンスの費用は¥37,400-(左右ペア、税別)、

ブラダは¥5,500-(1個。税別)、

ダンパーロッドの再メッキ加工は¥11,000-(1本、税別、納期3週間ほど)です。

スプリングやショックボディの粉体塗装も可能です。ご相談下さい。

 

Z1000Rローソンレプリカ

 

 

KZ1300

 

 

ZEPHYR1100

 

錆で傷んでしまったダンパーロッドは再メッキ加工によって再メッキ加工ができます。

クロームメッキによる再メッキ加工はノーマルの新品パーツを大きく上回るクオリティです。

 

 

こちらもZEPHYR1100用ワークスパフォーマンスリヤショックです。

#スクーデリアオクムラ
#サスペンション
#フルメンテナンス
#サスペンションチューニング
#サスペンションメンテナンス
#サスペンションオーバーホール
#KYB
#SHOWA
#BPF
#フロントフォーク
#リヤショック
#MEチューニング
#奥村 裕
#PENSKE RACING SHOCKS
#ペンスキーレーシングショック

#ワークスパフォーマンス

#WORKS PERFORMANNCE

#カワサキ

#ZEPHYR

#ゼファー

#KZ1000

#Z1000

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 20200316_2388916
  2. 20180119_2053736
  3. 20130829_563542
  4. 20130415_279357
  5. 20190110_2219987
  6. 20140121_776796

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP