Blog

20190811_2308495

DUCATI Monster900CHR(1998model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークと、PENSKE RACING SHOCKS8987モノリヤショックです。

かつてDUCATIのレース部門を担当していたカジバ・ハスクバーナ・レーシング(CHR)が、DUCATI Monster900をベースにカスタムメイドしたモデルです。極々少量生産されたうちの数台が日本に輸入されたと言われています。当時の価格は258万円とのこと。このCHR MonsterはフレームがノーマルのMonsterとは全く異なります。楕円断面のクロモリで造られており、フレーム剛性に手を加えることでしなやかさを生み出し、キャスターアングルを寝かせてオフセット量の異なるフォークブラケットとの組み合わせによってフロントの安定感を実現しています。ネイキッドモデルのMonsterでスーパーバイクに匹敵するパフォーマンスを求めるところがレース屋らしい造りです。この貴重なCHR Monsterを大切に所有されているお客さまは、この車両をご購入当時にフロントフォークのMEダンピングチューニングと、リヤショックにPENSKE RACING SHOCKS8987を採用して下さり、その後も定期的にフルメンテナンスをお任せいただいています。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #DUCATI #Monster900 #CHR

 

関連記事

  1. 20190603_2280638
  2. 20191019_2333618
  3. 20150728_1420785
  4. 20180125_2056900
  5. 20191110_2342402
  6. 20190203_2229942

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP