Blog

20140722_1017682

Z1 フロントフォークのMEインナーキット組み込みでのセットアップが完了いたしました。

ヨシムラSHOWA製インナーパイプ径Φ41正立フロントフォークです。
ホンダCB750Fourに遅れること3年の1972年にZ1が発売されました。
後発利点を生かした設計で、DOHCエンジンの採用、脚付き性を改善するなど商品性を高め、PR活動も成功して販売成績も好調だったそうです。
オリジナルを重視するCB750Fourに対して、Z系はカスタムマシン、カスタムパーツがとても多く出回っていて、現在でもそのマーケットは大きく、かつ根強く続いています。
今回は以前に販売されていたヨシムラSHOWAのフロントフォークのパフォーマンスを高めたいというお客さまからMEインナーキットを組み込んでのセットアップをご依頼いただきました。
フリーピストンタイプからフロントフォーク内部のパーツをごっそり入れ替えて、カートリッジタイプのフロントフォークに生まれ変わるメニューです。
伸び側ダンピング調整、スプリングプリロード調整が可能となり、洗練されたダンピング特性のオリジナルダンパーカートリッジ、最適なスプリングレートのMEスーパースポーツスプリングが、MEインナーキットの内容となります。ギャップ吸収性に優れ、接地感がつかみやすく、質感の高いサスペンションに仕上げることができます。
機種ごとのデータを基に、乗られる方の体重や主な用途をお伺いして仕様設定いたします。
フロントフォーク (SHOWA正立 フリーピストンタイプ)
MEインナーキット組み込み              :¥123,200-
(フロントフォークフルメンテナンスを含みます。
 MEダンピングチューニング仕様ダンパーカートリッジassy’、
 MEスーパースポーツスプリング、インナーパイプ加工、
 ブラックアルマイトフォークキャップ、基本交換パーツ、オイル、
 パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。) 
*このキットの組み込みによって、スプリングイニシャル調整機構12mm、
伸び側ダンピング調整機構16クリックが可能となります。


関連記事

  1. 20190825_2312985
  2. 20190825_2312980
  3. 20130910_583424
  4. 20200508_2406297
  5. 20181011_2179285
  6. 20150324_1281324

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP