Blog

20200613_2417751

KZ1000SリヤショックのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

ワークスパフォーマンス製ツインリヤショックです。

KZ1000は、エディ・ローソンのライディングによって、アメリカAMAスーパーバイク選手権において、1981年、1982年と2年連続でチャンピンを獲得しています。1981年のシーズン後にプライベートチームに向けたホモロゲーションモデルとしてKZ1000Sが30台のみ製作されました。「エディ・ローソン・レプリカ」と呼ばれています。このマシンに採用されていたリヤショックがアメリカ製の「ワークスパフォーマンス」であったことから、Z系のカスタムマシンの多くにこのリヤショックが装着されています。スクーデリアオクムラではこのリヤショックのフルメンテナンス、MEダンピングチューニング、ボディやスプリングのパウダーコティング(粉体塗装)のご依頼をたいへん多くご依頼いただいています。「ワークスパフォーマンス」純正のブラダと呼ばれるパーツは樹脂製で耐久性の乏しく、ほとんどが破れてしまっています。スクーデリアオクムラは日本製、ゴム製のパーツに交換することで、機能性、耐久性を高めています。今回もMEダンピングチューニングをメインに、各パーツへのパウダーコーティングによってレストアいたしました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #KZ1000S #ワークスパフォーマンス

関連記事

  1. 20180901_2160860
  2. 20180904_2162126
  3. 20140605_959927
  4. 20190910_2319108
  5. 20130712_485653
  6. 20130627_461287

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP