Blog

20141002_1100642

GS1200SSフロントフォークのMEインナーキット組み込みによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ43正立フロントフォークです。
GS1200SSは2001年に発売されました。
80年代始めに活躍したGS1000R耐久レーサーのイメージがデザインコンセプト。
スズキ伝統のDOHC1200ccパラレル4気筒、油冷エンジンをスチール製ダブルクレドールフレームに搭載しています。
耐久レーサーに近い外観ながら、低めのシートとセパレートハンドルながら高い位置に設定されたハンドルによって、ライディング姿勢はさほど前傾することなく、ツーリングユースでも疲れにくいポジションです。
今回はGS1200SS純正フロントフォークにMEインナーキットを組み込んでセットアップいたしました。
シンプルな構造のフリーピストンタイプのノーマルフロントフォークから、ノーマルの構成パーツを全て取り出し、スクーデリアオクムラオリジナルのダンパーカートリッジとMEスーパースポーツスプリングを組み込んでセットアップいたしました。動き始めから明確なダンピングを感じることのできる質感の高いフロントフォークに仕上がっています。
フロントフォーク (SHOWA正立 フリーピストンタイプ)
MEインナーキット組み込み              :¥123,200-
(フロントフォークフルメンテナンスを含みます。
 MEダンピングチューニング仕様ダンパーカートリッジassy’、
 MEスーパースポーツスプリング、インナーパイプ加工、
 ブラックアルマイトフォークキャップ、基本交換パーツ、オイル、
 パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。) 
*このキットの組み込みによって、スプリングイニシャル調整機構12mm、
伸び側ダンピング調整機構16クリックが可能となります。



関連記事

  1. 20211116_2564663
  2. 20150908_1461248
  3. 20190204_2230467
  4. 20181203_2204785
  5. 20140718_1013327
  6. 20190123_2225445

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP