Blog

20140214_808141

GSX-R600 前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークとbitubo製モノショックです。
1992年に発売されたGSX-R750をベースに、海外輸出向けとして排気量を小さくしたGSX-R600が誕生しました。その後ヨーロッパ、アメリカでの600ccクラスのレースの盛り上がりや、GSX-R750の国内正規販売の終了などによって、600ccクラススーパースポーツモデルが重要視されるようになり、次第にGSX-R600がメインのモデルとして開発が進められ、2006年からは逆転してGSX-R600のエンジンをボアアップすることで、GSX-R750が作られるようになっているとのことです。
今回は前後サスペンションのフルメンテナンス、フロントフォークアウターパイプのMEブラックカシマコーティングのご依頼をいただきました。
フロントフォーク (SHOWA倒立)
フルメンテナンス                   :¥31,762-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
アウターパイプMEブラックカシマコーティング :¥52,500-
(左右ペア、ブラック色、
 二硫化モリブデンを含有した特殊なハードアルマイト処理です。
 パイプ内面のフリクションの低減に効果的です。)
リヤショック (bitubo MONO)
フルメンテナンス                 :¥30,723-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)


関連記事

  1. 20140611_966895
  2. 20150728_1420785
  3. 20150203_1234380
  4. 20200304_2384454
  5. 20200217_2378443
  6. 20191214_2355501

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP