Blog

20150602_1359884
  • KYB

FZ400R 前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ36正立フロントフォークとSOQI製モノショックです。
FZ400RはXJ400ZをベースとしたF3ファクトリーレーシングマシン FZRの、本格的なレーサーレプリカとして、1984年に発売されました。
XJ400Zの水冷エンジンをベースにしたクラス最高の59馬力を発生するエンジンを、スチール製角パイプフレームに搭載。フロント16インチ、リア18インチのクイックなハンドリングで峠道やサーキットで大人気を誇り、1986年にバージョンアップしたFZR400が発売された後も、継続して販売されるほどでした。
今回は前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
インナーパイプにR側0.65mm、L側0.75mmの曲がりが発見され、再メッキ加工と同時に修正加工を施しました。

発売から30年以上経過したマシンですが、このようにしっかりとしたメンテナンスを施すことでベストなコンディションのサスペンションに仕上げることができます。
フロントフォーク (KYB 正立)
フルメンテナンス                :¥29,040-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
インナーパイプ曲がり修正、再メッキ加工 :¥55,000-
(左右ペア)
リヤショック (SOQI MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
窒素ガス注入バルブ装着           : ¥2,750-



こちらはF3 ファクトリーレーシングマシン FZR400。
ライダーは江崎 正先輩。私がヤマハ契約ライダーだった時代にたいへんお世話になった方で、1984年全日本ロードレース F3クラスの初代チャンピオンを獲得されています。
現在は神戸市内で「アールテックエザキ」とうショップを経営されています。
アールテックエザキ

関連記事

  1. 20131220_735798
  2. 20131216_730735
  3. 20131028_656789
  4. 20150307_1265485
  5. 20150112_1212817
  6. 20140719_1014465

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP