Blog

20190909_2318806

DUCATIデスモセディチRR(D16RR)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

OHLINS製インナーパイプ径φ43倒立フロントフォークと、OHLINS製モノリヤショックです。

DUCATIオリジナルのエンジン機構「デスモドロミック」の「デスモ」と、イタリア語の「16」(4気筒16バルブ)を表す「セディチ」を合わせた「デスモセディチ」が、DUCATIモトGPのファクトリーマシンを表しています。L型水冷4気筒エンジンを搭載して2003年にモトGPに登場してすぐに上位入賞を果した当時のDUCATI最強マシンです。そのGPマシンの公道バージョンがデスモセディチRR。2008年に1,500台限定で生産、5万ユーロで販売され、日本には84台が輸入されたと言われています。その中の1台を保有されているお客さまより、前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップのご依頼をいただきました。2006年型モトGPマシン「GP6」をベースに、公道用のナンバープレートを取得するために最低限のモディファイを受けたデスモセディチRRのサスペンションに手を加えることで、一般道でも心地良く走らせることができるようになります。スクーデリアオクムラにご相談下さい。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #DUCATI #Desmosedici #D16RR

 

関連記事

  1. 20150612_1369313
  2. 20131125_700949
  3. 20130126_65633
  4. 20150227_1257278
  5. 20200204_2373666
  6. 20180904_2162114

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP