Blog

20190924_2323978

モトグッツィ ルマン1000 前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

フォルセライタリア製インナーパイプ径φ40正立フロントフォークと、OHLINS製モノリヤショックです。

バイク乗りであれば、モトグッツィの名前は多くの人がご存知かと思います。しかし、「所有している」「所有していた」人は本当に限られていて、私のようにお客さまのモトグッツィをテスト走行で走らせる機会をいただいたことはとてもありがたい経験だと思います。今回、前後サスペンションのフルメンテナンスをお任せいただいたルマン1000は、1990年に発売されたモデルで、空冷2バルブOHV縦置きV型2気筒エンジンをダブルクレードルフレームに搭載しています。クランクシャフトが車体と平行に回転していることから、直進安定性が高く、低速走行では2気筒エンジンのトルクフルな鼓動を感じます。そこから高回転の領域になると左右シリンダーのバランスが均衡して、スムースなエンジンフィーリングを得られます。少しだけのテスト走行なので、まだまだ真髄を知ることはありませんが、奥の深いバイクであることはうかがい知ることができました。

今回、前後サスペンションのフルメンテナンスをお任せいただきました。名車をベストコンディションでお乗りいただくために正しいサスペンションメンテナンスはとても有効です。スクーデリアオクムラにお任せ下さい。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #モトグッツィ ルマン1000 #motoguzzi le mans1000

関連記事

  1. 20130308_174664
  2. 20140701_992746
  3. 20180119_2053878
  4. 20140116_770810
  5. 20150202_1232587
  6. 20180212_2065136

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP