Blog

20150617_1374908

V-MAX1200 リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

OHLINS製ツインショックです。
1985年にヤマハが輸出モデルとして発売。国内仕様は1990年に発売されました。
ドラッグレーサーをモチーフに開発が進められ、4サイクル水冷V型70°4気筒DOHC4バルブエンジンを搭載。輸出モデルにはVブーストシステムによって、当時の市販二輪車の世界最高の145psを誇り、0-400m加速タイムは10秒台を記録しています。
V型4気筒エンジンはホンダのイメージが強いのですが、私の記憶ではV4エンジンを最初に採用したのはV-MAXだと思います。2008年にV-MAX1700にモデルチェンジされ、世界中の多くのファンを魅了しています。
今回はOHLINSリヤショックのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
V-MAXのノーマルリヤショックは、非分解の構造から、OHLINSリヤショックに交換される方が多く、スクーデリアオクムラにもV-MAX用OHLINSリヤショックのメンテナンスやチューニングのご依頼は本当に多くいただいております。
リヤショック (OHLINS TWIN)
フルメンテナンス                :¥37,400-
(左右ペア、基本交換パーツ、オイル、
 パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)


関連記事

  1. 20180116_2052411
  2. 20150812_1436368
  3. 20130703_471019
  4. 20140901_1063954
  5. 20140214_808141
  6. 20130831_567118

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP