Blog

20150617_1375398

Z1000R 前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ38正立フロントフォークとワークスパフォーマンス製リヤショックです。

カワサキはエディ・ローソンのライディングによって1981年の「AMAスーパーバイクシリーズのシリーズチャンピオンを獲得しました。マシンはKZ1000。これを記念して1982年にZ1000Rが発売されました。

 

ベースはチャンピオンマシンのベースと同じZ1000Jで、Z1100GPと同じ外装をまとい、カワサキチームカラーのライムグリーンのカラーで仕上げられています。大径のフロントディクスプレートや、サスペンションセッティングの変更、エンジンのブラック仕上げ、専用の段付きシート、KERKERのエキゾースト、エディ・ローソンのサインの入ったステッカーが貼られており、現在でも多くのファンから熱いまなざしを集めています。

 

今回は前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただきました。このマシンにはエディ・ローソンが使っていたワークスパフォーマンスのリヤショックが装着されているケースが多く、スクーデリアオクムラにもたくさんのメンテナンスのご依頼をいただいています。

 

フロントフォーク (KYB 正立)
フルメンテナンス                :¥29,040-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (ワークスパフォーマンス TWIN)
フルメンテナンス                :¥37,400-
(左右ペア、基本交換パーツ、オイル、
 パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)

 

ブラダ交換                   :¥11,000-

(左右ペア、加工を加えて、信頼性の高い日本製のパーツに組み換えます。)



関連記事

  1. 20190709_2295693
  2. 20130530_395256
  3. 20190823_2312360
  4. 20150312_1270073
  5. 20150518_1342141
  6. 20150515_1338393

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP