Blog

20161112_1802729

筑波サーキット ショートコースでテスト走行&撮影を行ってきました。

先週からの続きになります。

フロントフォークにMEダンピングチューニングを施し、リヤショックにPENSKE RACING SHOCKSのニューモデル「8900SA」を組み込んだ Kawasaki Z250SLをサーキットでテストランしました。

サーキットでもイメージ通りのサスペンションパフォーマンスを確認することができ満足。

不安感なく、軽快に楽しくサーキットを攻めることができました。

以前よりスクーデリアオクムラで提唱している「小排気量のマシンでもリッターバイク並みのサスペンションの質感が必要!」を具現化したモデルです。

パワーは少ないもの、車重の軽さと手軽さもあって、エンジンパワーを最大限に使い切りながら、ワインディングやショートサーキットを思う存分走ることはとても楽しいこと。

しかし、小排気量のマシンはどれもサスペンションやブレーキがチープで、スポーツライディングに没頭できない面も否めません。

小排気量のマシンは車両価格を抑えなければならない命題がありますが、楽しみが半減してはかえってもったいない。

そこでサスペンションにある程度の費用を掛けて、ベテランが乗っても不満のない1台に仕上げました。

今回、Z250SLをリッターバイク並みのサスペンションパフォーマンスに仕上げるために掛かった費用ですが、フロントフォーク MEダンピングチューニング(フルメンテナンスを含みます。):¥48,840-、リヤショックのPENSKE RACING SHOCKS 8900SA :¥123,000-(いずれも税別、サスペンションの脱着費用は含んでおりません。)前後で¥171,840-です。

Z250SLに限らず、各メーカーのライトウエィトスポーツモデルのいずれもセットアップが可能です。

「恐怖感から開放されて、思い切りスポーツライディングを楽しむために」いかがですか?

 

 

MOTO GPの解説などあらゆるステージで大活躍の宮城 光さんも筑波サーキットでのテスト走行&撮影に参加されていました。いくつになっても熱い男です。

 

 

筑波サーキットの帰りにホンダレーシングにお伺いして参りました。

MOTO GPバレンシアグランプリに出発直前の中本副社長がお時間を割いて下さり、長い時間お話しをお伺いすることができました。中本さんは私が現役レーサーの頃にエンジニアとして担当していただいて一緒に全日本ロードレースを戦った仲です。

本当にたくさんのわがままを聞いて下さり、マシンをセットアップするノウハウについて勉強させていただきました。

 

 

そして、帰り道に最高に美しくて迫力のある富士山に会うことができました。本当にきれいでした!

関連記事

  1. 20190401_2254607
  2. 20140709_1002545
  3. 20190416_2260819
  4. 20150112_1212817
  5. 20200716_2428279
  6. 20181203_2204769

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP