Blog

20150613_1370687

VFR400R(1989model)リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製モノショックです。
1986年に発表されたVFR400Rは、翌年の1987年にフルモデルチェンジ、さらに翌年の1988年にもフルモデルチェンジされ、1990年にマイナーチェンジの後、RVFにバトンタッチする1994年まで最終モデルNC30型が販売されました。
水冷V型4気筒、DOHC16バルブをカムギアトレーンで開閉するというワースマシンレベルの精密なエンジンを、750ccモデル並の剛性を持つ「目の字」五角断面材を使ったアルミツインチューブフレームに搭載している点は通年変わらないもの、毎年行われたモデルチェンジの内容を見ると、クランク角の変更や、キャブレターの口径の変更、プロアームの採用など、ほとんどの主要パーツが新に設計されているのが解ります。
多くのホンダV4ファンの方が、このマシンに価格以上の価値を感じているのは、希少性と共にその当時のエンジニアの仕事振り、情熱のようなものがマシンから得られるのだと思います。
今回はリヤショックのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
正規のメンテナンスを施すことで新車時を上回るパフォーマンスを発揮することができます。
リヤショック (SHOWA MONO)
フルメンテナンス                :¥27,060-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
ブラダNG >交換               :¥1,100-

関連記事

  1. 20150123_1223263
  2. 20131220_735644
  3. 20180202_2060541
  4. 20190331_2254086
  5. 20110118_1880966
  6. 20150707_1400910

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP