Blog

20190831_2315192
  • KYB

TMAX(3型)フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径φ43倒立フロントフォークです。

これまでのスクーターの概念を大きく覆す造りのTMAX。ロードスポーツバイクに可能な限り近付けた車体剛性やディメンジョンによって、それまでのビッグスクーターとは別次元のハンドリング、エンジンパワー、フィーリングを持つ、「オートマチックスポーツコミューター」という新しいカテゴリーを生み出しました。専用に設計された水冷DOHC4バルブ並列2気筒499ccのエンジンには、レースマシン並みの鍛造ピストンやメッキシリンダーを採用しており、高剛性のダイヤモンドフレームに独立したスイングアーム、ロードバイクと同じ形式の正立フロントフォーク、フォークブラケットで構成された車体に搭載されています。前後の重量配分はロードスポーツモデル並みの50:50に近づけ、スクーターとしては異例の50°のバンク角とし、しっかりとスポーツ性を高めています。それでいて、シート下の収納スペースや小物入れなど、日常での使い勝手はスクーターそのもの。ヨーロッパでの評価、人気がとても高いこともうなずけます。

今回はTMAXのフロントフォークをMEダンピングチューニング+MEスーパースポーツスプリングによってセットアップいたしました。TMAXユーザーがさらにレベルの高いハンドリングを求めることは当たり前のことに思えます。理想に近づけるためにスクーデリアオクムラのチューニング技術がお役に立てるはずです。

3枚目の画像。TMAXのフロントフォークのMEダンピングチューニングには、スクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」を組み込みます。ノーマルの「フリーピストンタイプ」のフロントフォークに、積層式のピストンとバルシムを専用のホルダーを使って組み込むことでフォークオイルの流路を最適な状態にコントロールすることができます。

 

TMAXのフロントフォークのMEダンピングチューニングには、スクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」を組み込みます。ノーマルの「フリーピストンタイプ」のフロントフォークに、積層式のピストンとバルシムを専用のホルダーを使って組み込むことでフォークオイルの流路を最適な状態にコントロールすることができます。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #YAMAHA #TMAX

関連記事

  1. 20130424_302827
  2. 20190323_2250380
  3. 20150908_1461251
  4. 20190608_2282751
  5. 20140403_873128
  6. 20180904_2162126

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP