Blog

20191109_2342153
  • KYB

GSX1400(2007model)フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ46正立フロントフォークです。

ネイキッドモデル最大の排気量1,401ccの油冷エンジンを搭載のGSX1400です。スズキ伝統の油冷エンジンは1985年のGSX-R750から続いていますが、油冷エンジンのメリットは水冷エンジンに比べて、コンパクトで軽量に造ることができることです。ホンダの創業者である本田宗一郎さんも空冷エンジンにこだわったと聞いていますが、ホンダに代わってスズキがオイルによる冷却方法を伝統的に開発し続けたことで、一旦は消滅した油冷エンジンが近年、ジクサー250で復活したと聞いています。その油冷エンジンは冷却フィンの機能美も魅力のひとつです。特にエンジンがまるごと見えるネイキッドモデルでは重要な要素です。今回はフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。以前にMEチタンコートチューニング(MEダンピングチューニングを含む。ゴールド色)を施しており、性能回復のためのフルメンテナンスに加えて、0.85kgf/mのMEスーパースポーツスプリング組み込んでさらにセットアップを進めました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #SUZUKI #GSX1400

関連記事

  1. 20150418_1309247
  2. 20150303_1261263
  3. 20150626_1391170
  4. 20190831_2315070
  5. 20150415_1304127
  6. 20140828_1059322

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP