Blog

20200113_2366047

CBR600RR(2013model)前後サスペンションのMEチタンコートチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークと、SHOWA製モノリヤショックです。

スクーデリアオクムラで扱っておりますフロントフォーク・インナーパイプやリヤショック・ダンパーロッドに施されるMEチタンコーティングは、ゴールド/ネイビー(ブラックに限りなく近い)/ブラウンと、ブルーレインボー/グリーンレインボー/ピンクレインボーの6色です。(リヤショック・ダンパーロッドは、ゴールドとネイビーのみ)見た目にも美しく、魅力的なチューニングメニューですが、本来の目的はフロントフォーク、リヤショックのいずれも「作動フリクションの低減」です。サスペンションの作動に伴って、インナーパイプやダンパーロッドは、支えているメタルと擦れ合っており、おのずとフリクションが発生しています。そこでクロームメッキの上にチタンコーティングを施すことで、面租度(表面の粗さ)を下げてスムースなサスペンションの動きが得られます。また、表面硬度がクロームメッキの2倍ほどとなり、傷が付きにくいメリットもあります。錆に強いこともバイクのサスペンションにはありがたいことです。今回はCBR600RRの前後サスペンションにネイビー色のMEチタンコーティングをご依頼いただきました。もちろん、MEダンピングチューニングも併せて施工しています。かつてはワークスマシンにのみ採用されていたチタンコーティングを私たちも使えるようになっています。

 

フロントフォーク・インナーパイプに錆が発生しており、研磨では修正できないレベルでしたのでMEチタンコーティングを施す前段階でクロームメッキの再メッキ加工を施しました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #HONDA #CBR600RR

 

関連記事

  1. 20190227_2240351
  2. 20130606_411224
  3. 20180420_2098506
  4. 20211108_2562414
  5. 20140527_948336
  6. 20110118_1880986

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP