Blog

20150724_1417162

DUCATI900SSフロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ41倒立フロントフォークです。
1989年に1990年モデルとして、久々に「Super Sport」の名を冠する900SSが登場しました。
750PASOや851で採用された技術やパーツを取り入れ、排気量を904ccに拡大した空冷デストドロミック90°V型2気筒エンジンを搭載しています。車体の軽量化も進められスーパースポーツらしい仕上がりとなっています。
 
今回はフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
インナーパイプに錆があり、研磨加工では修正できるレベルではありませんでしたので、再メッキ加工によって再生いたしました。輸入車のインナーパイプは非常に高価で、パーツの供給も安定していなこともあって、スクーデリアオクムラでは再メッキ加工での再生をお勧めしています。専用治具を使用してインナーパイプボトムを外した上で純正パーツを上回るクオリティのクロームメッキを施します。
フロントフォーク (SHOWA 倒立)
フルメンテナンス                         :¥30,250-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
インナーパイプ再メッキ加工             :¥44,000-
(左右ペア、インナーパイプボトムの脱着作業を含みます。)



関連記事

  1. 20140811_1040858
  2. 20160128_1588779
  3. 20141218_1189057
  4. 20191217_2356502
  5. 20130527_388120
  6. 20130919_597618

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP