Blog

20181226_2214117

PENSKE RACING SHOCKS リヤショックのフルメンテナンスが完了いたしました。

2005ZX6R用8987typeと、2006ZX10R用8987typeです。

ジムカーナ競技に参加されているお客さまに、6Rと10R、2台のマシン用にPENSKE RACING SHOCKSをお使いいただいております。私自身はジムカーナ競技を行っておりませんが、サスペンションサービスの仕事を始めてからジムカーナのお客さまとお付き合いさせていただくようになりました。ジムカーナのお客さまはアクセラレーションやサスペンションの動きにとても敏感で、また、それらに対する要求も高く、私たちサスペンションチューナーの立場としてもレスポンスが的確なので難しくもあり、楽しくやりがいを感じています。数多くのリ・プレイスサスペンションの中からペンスキーショックを選んでいただいたことは光栄なことですし、定期的なサスペンションメンテナンスを欠かさず、常にベストなコンディションのもと、コーナリングスピードの限界にチャレンジする姿勢に学ばせていただいております。

 

 

こちらはPENSKE RACING SHOCKSのメインピストン。お客さまにご購入いただいたPENSKE RACING SHOCKSにはこのピストンが使われています。超々ジュラルミン材にビレット加工によって削り出された見た目にも美しいピストンです。バルブシムとの当たり面にはお皿状に1°の角度が付けられていて、ピストンスピードの超ロースピードの領域で安定したダンピングフォースを生み出しています。

 

#スクーデリアオクムラ
#サスペンション
#フルメンテナンス
#サスペンションチューニング
#サスペンションメンテナンス
#サスペンションオーバーホール
#KYB
#SHOWA
#BPF
#フロントフォーク
#リヤショック
#MEチューニング
#奥村 裕
#PENSKE RACING SHOCKS
#ペンスキーレーシングショック
# ZX6R

#ZX10R

#ジムカーナ

関連記事

  1. 20130704_472482
  2. 20131107_672579
  3. 20131220_735742
  4. 20181011_2179264
  5. 20130220_124018
  6. 20140717_1011943

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP