Blog

20200513_2407849

ZRX1200R(2008model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径φ43正立フロントフォークと、OHLINS製ツインリヤショックです。

ZRX1200Rは2001年に発売されました。先代ZRX1100のイメージを保ちながら、エンジンはZRX1100をベースにボアxストロークをアップするために鋳鉄スリーブを廃してメッキシリンダーを採用。クランクケースやピストンも設計変更を加えています。フレームもヘッドパイプ廻りの剛性を高め、スイングアームも大幅に上げつつ、ホイールベースを13mm延長すると共にピボット位置も5mm下げるなど、見た目とは大きく異なり様々なアップグレードがされています。

今回は約3年前に前後サスペンションをMEダンピングチューニングによってセットアップをお任せいただいたお客さまより、フルメンテナンスのご依頼をいただきました。例えMEダンピングチューニングを施したサスペンションでも、走行距離や時間の経過と共にサスペンションとしてのパフォーマンスは徐々に低下してしまいます。定期的なメンテナンスによって蘇らせることができます。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #ZRX1200R

関連記事

  1. 20180224_2070758
  2. 20180124_2056311
  3. 20190529_2278751
  4. 20131015_636931
  5. 20180901_2160834
  6. 20150112_1212638

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP