Blog

20141218_1189302

GSX-R750(1998model)フロントフォークのフルメンテナンス、リヤショックのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークとOHLINS製モノショックです。
GSX-R750は1996年にフルモデルチェンジを受け、エンジン、車体の全てが新設計されました。
ミッションとクランククランクシャフトを別に配置することで、前後長を短くしてシリンダーとアッパークランクケースが一体化した3分割クランクケースを採用。ワールドGP500ccクラスでチャンピオンマシンとなったRGV-Γのディメンジョンを踏襲したと言われるツインスパーフレーム。乾燥重量は179kg。1998年にはデュアルバタフライ式のフューエルインジェクションを採用し135馬力まで高めていました。
以前にフロントフォークはMEダンピングチューニングでセットアップしており、今回はフルメンテナンスのご依頼をいただき、リヤショックはOHLINSへの変更と同時にスプリングレートの変更を含めてMEダンピングチューニングによるセットアップをご依頼いただきました。トータルバランスの整ったハンドリングに仕上がっています。
フロントフォーク (SHOWA 倒立)
フルメンテナンス                  :¥30,250-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (OHLINS)
MEダンピングチューニング           :¥49,060-
(フルメンテナンスを含みます、MEダンピングチューニング、基本交換パーツ、
オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
EIBACHスプリング               :¥20,000-
(シングルレート、スプリングレートはお客さまの体重、主な用途をお伺いし、
 スクーデリアオクムラのデータ 基づいて設定いたします。)




関連記事

  1. 20131018_642031
  2. 20200909_2443858
  3. 20190924_2323978
  4. 20150330_1287250
  5. 20180904_2162114
  6. 20150516_1339446

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP