Blog

20140206_797579

CB1100R(1983モデル)フロントフォークのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ39正立フロントフォークです。
CB1100Rは当時人気の高いCB900Fをベースによりチューンアップされたモデルです。
基本的な構成は空冷の並列4気筒DOHC16バルブエンジンのCB900Fと変わりませんが、CB9000Fよりボアを5.5mm広げて70mm×69mmとし、901ccから1062ccへ排気量をアップ。圧縮比もCB900Fの8.8から10.0へ高められ、細部のチューンアップによって115馬力を絞り出しながら、車量重量を233kgに収め、最高速は230km/h、0-400mは11秒と1980年代では驚異的なパフォーマンスを発揮していました。
現在もフロントフォーク、リヤショック共にメンテナンスのご依頼のとても多いモデルです。
今回はフロントフォークのフルメンテナンスをご依頼いただきました。併せてアウターパイプのパウダーコーティング(粉体塗装)もご依頼いただきました。
フロントフォーク (SHOWA正立)
フルメンテナンス                :¥27,951-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)

 

アウターパイプパウダーコーティング    :¥31,500-

アンチノーズパーツパウダーコーティング : ¥6,300-

アクスルクランプパウダーコーティング   : ¥4,200-

(いずれも左右ペア、剥離、下地処理を含みます。純正色に近いレッド)

関連記事

  1. 20181002_2175045
  2. 20150701_1395363
  3. 20200204_2373650
  4. 20150720_1413016
  5. 20190709_2295709
  6. 20150908_1461254

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP