Blog

20141030_1134609

NSR250R前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

 NSR250Rはモデルチェンジをしながら発展していきましたが大きく4つのモデルがあります。
1型(MC16)1986年にNSR250Rがデビューとなります。エンジンをフレームの一部とした設計で「目の字断面」のメインフレームが使われています。
2型(MC18)
1987年~1989年。このモデルではスペシャルバージョンの「SP」が設定されます。SPにはマグネシウム製のホイール、乾式クラッチが装備されます。
また、レースベース車両的な位置付けで「RK」も設定され、FⅢクラスに多くのライダーがエントリーしていました。
3型(MC21)
1990年~1993年前半。「への字」デザインの「ガルアーム」スイングアームが特徴で、排気チャンバーの容量アップのためのスペースを確保しています。ヘッドライトが2灯になるなど外観も大きく変化します。グレードは標準仕様の「STD」、乾式クラッチやサスペンションに調整機能の備わった「SE」、さらに
マグネシウム製ホイール、ワークスレプリカカラーの「SP」の3タイプがありました。
最終4型(MC28)
1993年後半~1999年。HRCワークスマシン、RVFと同じデザインの片持ち「プロアーム」タイプのスイングアームが採用され、メインキーがカードタイプになります。レース用のオプションパーツのカードを使ってスピードリミッターをカットすることでました。3型と同じく「STD」「SE」「SP」のグレードから選ぶことができました。
今回は3型となるMC21、1992年モデルの前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
フロントフォーク (SHOWA 正立)
フルメンテナンス                :¥26,620-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (SHOWA MONO)
フルメンテナンス                :¥27,060-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)



関連記事

  1. 20150701_1395286
  2. 20190203_2229942
  3. 20190709_2295698
  4. 20140123_779771
  5. 20130109_40319
  6. 20150930_1482811

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP