Blog

20150707_1400952

ZX-12R(2000model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

OHLINS製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークとOHLINS製モノショックです。
ノーマルの状態で300km/hオーバー、世界最速市販モデルとして君臨していたGSX1300Rから世界最速の座を奪取するためにZX-12Rの開発が進められたと聞いています。
新開発の水冷4サイクル並列4気筒1,199ccのエンジンはマレーシア仕様最高出力190ps、最大トルク14kgmをメインパイプ内にエアクリーナーをレイアウトするバックボーンフレームに搭載。リアタイヤには市販車初となる200/50R17の極太サイズが採用されました。
ヨーロッパのコースで最高速308km/hを記録したことから、ハヤブサとのさらなる最高速競争が勃発するものと思わましたが、これを危険と判断したヨーロッパの関係機関により、2001年に300km/h自主規制に合わせ、スピードリミッターが装備されることとなりました。
今回は前後サスペンションをOHLINSに換装したZX-12Rのオーナーさまより前後サスペンションのフルメンテナンスをスクーデリアオクムラにお任せいただきました。
フロントフォーク (OHLINS 倒立)
フルメンテナンス                  :¥41,800-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (OHLINS MONO)
フルメンテナンス                  :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)



関連記事

  1. 20181129_2202968
  2. 20150307_1265280
  3. 20131018_642031
  4. 20150112_1212933
  5. 20150827_1450400
  6. 20191006_2328552

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP