Blog

20190806_2306521

ZZR1100D(1994model)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径ファう43正立フロントフォークと、KYB製モノリヤショックです。

ZZR1100はZX-10の後継モデルとして1990年に発売されました。147psの最高出力は当時の最強を誇り、空気抵抗を抑え洗練されたカウリングのデザインによって最高速は290km/hに達し、1996年にCBR1100XXが発売されるまでの間、世界最速市販車として高い評価を得ました。外観に反して軽い取り回しや、スーパースポーツモデルに比較して楽なポジション、低めのシート高などから高い人気を集めました。

今回はKYB製のノーマルサスペンションをベースに、スクーデリアオクムラにMEダンピングチューニングにるセットアップをご依頼いただきました。ノーマルの「フリーピストンタイプ」のフロントフォークに、スクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」を組み込み、0.85kgf/のMEスーパースポーツスプリングの組み合わせによって、ギャップ吸収性に優れ、接地感のあるサスペンションに仕上げることができました。リヤショックもメインピストンの加工と、バルブシムの積み替えによって、トラクションのつかみやすいサスペンションに仕上がっています。少し前のモデルでも手を加えることでますます自分との一体感が高まります。現行モデルにはない、味のある走り、乗り心地をベストコンディションで楽しいでいただきたいです。

 

こちらが「コントロールバルブ」を構成するパーツです。専用のホルダーに積層式のピストン+バルブシムを組み込んで、サスペンションオイルの流路をコントロールします。オイルロックピースのテーパー角に加工を加えて、有効ストロークを多く使えるようにチューニングしています。「フリーピストンタイプ」のフロントフォークをアップグレードするための、スクーデリアオクムラオリジナルサスペンションチューニングです。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #Kawasaki #ZZR1100D

 

 

 

関連記事

  1. 20200617_2418922
  2. 20130218_119917
  3. 20190402_2255152
  4. 20180110_2049492
  5. 20130716_492217
  6. 20180212_2065152

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP