Blog

20190121_2224671

ハーレーダビッドソンFXD(2009model)フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ49正立フロントフォークです。

ハーレーダビッドソンの魅力は本当に幅が広く多種多様のカテゴリーが存在しており、奥が深くてとても全てを掌握できるものではありません。これまでサスペンションチューナーとして、大勢のハーレー乗りお客さまとお付き合いさせていただいておりますが、どのカテゴリーのハーレー乗りのお客さまもサスペンションに対するご不満を感じている方がとても多くいらっしゃいます。バイクに乗りであれば誰しもご自身のバイクを「もっと乗りやすくしたい」「不安なく走らせたい」と思うもの。それはハーレーでも同じはずです。それでも「ハーレーはこんなもの」「ハーレーだから仕方ない」とあきらめてしまっている方が少なくありません。ハーレーのフロントフォークは、スポーツスターを除いて「フリーピストンタイプ」の構造が多く、カートリッジタイプのような「バルビング」によるダンピングチューニングはできません。スクーデリアオクムラではオリジナルのチューニング方法によって、ほとんどのハーレーのフロントフォークのダンピングチューニングが可能です。

 

 

 

スクーデリアオクムラのオリジナルチューニング方法をご紹介します。

こちらが「コントロールバルブ」のパーツです。「フリーピストンタイプ」のフロントフォークでもこれらのパーツの組み合わせによって、サスペンションオイルの流路をコントロールすることで適切なダンピングフォースを発生させます。「コントロールバルブ」のキモとなるメインバルブは、「カートリッジタイプ」に使われる「積層式」のバルブを採用することで、サスペンションストロークスピードの低速域のダンピングをなめらかに発生させています。

#スクーデリアオクムラ
#サスペンション
#フルメンテナンス
#サスペンションチューニング
#サスペンションメンテナンス
#サスペンションオーバーホール
#KYB
#SHOWA
#BPF
#フロントフォーク
#リヤショック
#MEチューニング
#奥村 裕
#PENSKE RACING SHOCKS
#ペンスキーレーシングショック
#OHLINS
#WP
#HYPERPRO

#ハーレーダビッドソン

#FXD  

関連記事

  1. 20140527_948490
  2. 20141125_1165126
  3. 20141213_1184160
  4. 20130518_365146
  5. 20130627_461287
  6. 20180303_2073847

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP