Blog

20190204_2230467

ハーレーダビッドソンFLHXSE CVO(2011model )フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ41.3正立フロントフォークです。

ハーレーユーザーのお客さまからのご依頼が日を追うごとに増えています。スポーツスター、ダイナ、ツーリングモデルとどのカテゴリーのハーレーダビッドソンにお乗りのお客さまからも「高速クルージングで車体が振れるのをなんとかしたい」「フロントフォークの落ち着きがない」「リヤにリ・プレイスを着けたら突き上げ感がある」など、せっかくのハーレーを充分に楽しめないとのご不満をお聞きします。スクーデリアオクムラのMEダンピングチューニングを施すことでそのご不満を改善することが可能です。是非、ご相談下さい。

 

 

 

スクーデリアオクムラのオリジナルチューニング方法をご紹介します。

こちらが「コントロールバルブ」のパーツです。「フリーピストンタイプ」のフロントフォークでもこれらのパーツの組み合わせによって、サスペンションオイルの流路をコントロールすることで適切なダンピングフォースを発生させます。「コントロールバルブ」のキモとなるメインバルブは、「カートリッジタイプ」に使われる「積層式」のバルブを採用することで、サスペンションストロークスピードの低速域のダンピングをなめらかに発生させています。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング
#サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF
#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS
#ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS
#SCUDERIA OKUMURA #ハーレーダビッドソン #FLHXSE

関連記事

  1. 20150324_1281325
  2. 20191214_2355568
  3. 20150209_1239924
  4. 20200217_2378443
  5. 20140320_853842
  6. 20190803_2305661

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP