Blog

20190303_2242119

YZF-R6(2006model)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

ヤマハモーターハイドロリックシステム社製インナーパイプ径φ41倒立フロントフォークと、ヤマハモーターハイドロリックシステム社製モノリヤショックです。

サーキット最速のエクストリームスーパースポーツとして開発されたYZF-R6は、世界中の600ccクラスロードレースで活躍しており、そのパフォーマンスを一般ユーザーがワインディングやサーキットでスポーツライディングを楽しむことのできる最高の1台です。新設計の超高回転型ニューエンジンは、チタン製吸排バルブ、電子制御スロットル、ツインインジェクター採用のFIの採用などで、最高出力:127ps/14500rpm、最大トルク:6.7kg-m/12000rpmを絞り出し、そのパワーをスリッパークラッチ、ミッドシップマフラー、2WAY圧側ダンピングアジャスターの備わったサスペンションなどで実用化しています。

今回はこのR6でレーを戦うお客さまからMEダンピングチューニングでの前後のサスペンションチューニングをご依頼いただきました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #YZF-R6

関連記事

  1. 20131126_703001
  2. 20140207_799104
  3. 20200909_2443840
  4. 20181124_2200548
  5. 20150227_1257278
  6. 20190114_2221485

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP