Blog

20190303_2242090

DUCATI916SP(1995model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径φ43倒立フロントフォークと、OHLINS製モノリヤショックです。

鬼才、マッシモタンブリーニの傑作と言われるDUCATI916です。1994年に発売となり、その後、996、998へと変遷していきますが、フォルムは初代の916から変わることはありませんでした。それほど916のデザインは完成度が高かったと言えます。1994年はスクーデリアオクムラがサスペンションチューニングの業務を始めた年。当時、一筋縄では乗りこなせないと言われていた916をどうしたら扱いやすくできるかをサスペンションチューナーの立場からかなり研究しました。希薄なフロントの接地感を高めること。リヤのトラクションをつかめるようにすること。スプリングレートとダンピング仕様の設定を見直すことで不安を解消することに成功しました。結果、本当にたくさんの916系にお乗りのお客さまからフルメンテナンスやMEダンピングチューニングのご依頼をいただけるようになりました。

今回は以前に前後サスペンションをMEダンピングチューニングによってセットアップをご依頼いただいたお客さまより、サスペンションフルメンテナンスをご依頼いただきました。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #DUCATI916 #スーパーバイク

関連記事

  1. 20130430_317678
  2. 20150423_1314297
  3. 20150629_1393486
  4. 20130422_297910
  5. 20140403_873128

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP