Blog

20190707_2295026

R1-Z(1990model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

SOQI製インナーパイプ径φ38正立フロントフォークと、SOQI製モノリヤショックです。

1990年にヤマハがネイキッドブームに向けて世に送り出した2サイクルネイキッドモデルです。大人気を誇ったRZのイメージの受け継いでいます。スチール製トラス構造フレームに2サイクル水冷並列2気筒エンジンを搭載。このエンジンは初代TZR250をベースにキャブレターの口径を小さくしたり、点火系、ミッション、2次レシオを扱い易い仕様に変更することで、レーサーレプリカのような鋭さから脱却して、コンセプト通りに楽しく操ることのできる1台に仕上がっています。

今回は前後サスペンションのフルメンテナンスをお任せいただきました。フロントフォークのフルメンテナンスは基本交換パーツ、オイル、分解パーツの超音波洗浄、計測、研磨を含めて¥29,040-(税別)。リヤショックは窒素ガスを注入するためのバルブの装着(¥2,650-)を含めて、フルメンテナンスの費用は¥31,910-(税別)となります。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #YAMAHA #R1-Z

関連記事

  1. 20190403_2255507
  2. 20141203_1174306
  3. 20131220_735742
  4. 20181011_2179253
  5. 20140527_948490
  6. 20180901_2160834

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP