Blog

20130222_128850

bimota KB-3サスペンションフルメンテナンスが完了いたしました。

bimotaの歴史を少し調べてみました。

 

ヴァレリオ・ビアンキ 、ジュゼッペ・モーリ、マッシモ・タンブリーニの3人によって、当初は空調設備の会社として1966年にリミニにて設立された。会社名の由来は、3人の姓の綴りから最初の2文字ずつを組み合わせたもの (BI-MO-TA) であった。創立者の一人であり根っからのオートバイマニアであったタンブリーニの趣味がきっかけで、会社の事業としてもオートバイに関わるようになった。
主に、大手メーカーのエンジンを自社製のフレームに搭載するという方法で製作したオートバイを発売する。更にはそれらの車両を使用してレースにも参加していたこともある。特に創業当時は大型オートバイの製作技術が発展途上で、多気筒エンジンの高出力を持て余す市販車も珍しくなかった時代であり、そのポテンシャルを最大限に発揮させることができる優秀なフレームの評価は高かった。

 

凝った車体のつくりもあってビモータの製作販売するオートバイは他に比べて高価であり続けている。車両そのものの高評価も手伝って生産数も増えたが、後年最大のヒットとされるSB6でさえ派生のSB6Rを含めても2000台に届かないなど依然少量生産である。
あんちょこですがネットで手軽に調べることができるので、当時関わっていたいた熱い人たちの思いに触れると、
今まで以上にバイクに興味が沸いたり、愛情を感じたりするものですね。


今回ご依頼いただいたHB-3は、カワサキKZ1000Jのエンジンを搭載しており、1983年から1984年に製造されたマシンです。

 

フロントフォークにフォルセライタリアのφ35正立フォーク、リヤショックにde crbon製モノショックを装着しています。

特にリヤショックは長年に渡り手を加えられなかったようです。かなり劣化が進行していましたが、完全にリ・フレッシュすることができました。これで安心してお乗りいただけます。

フロントフォーク (フォールセライタリア正立)
フルメンテナンス                :¥47,424-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (de carbon MONO)
フルメンテナンス                :¥30,723-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
バンプラバー装着                : ¥1,155-
窒素ガスバルブ装着              : ¥2,887-



関連記事

  1. 20150425_1316374
  2. 20200113_2366001
  3. 20150724_1416767
  4. 20140715_1009114
  5. 20150202_1232594
  6. 20141009_1109176

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP