Blog

20130218_119376

CBR1000RRフロントフォークのMEチタンコートチューニングが完了いたしました。

2009年モデルCBR1000RRフロントフォークのMEチタンコートチューニングです。
イオンプレーティング処理による超硬質のコーティングを施すチューニングです。フロントフォーク専用に改良を重ねた特珠な表面処理方法で、ワークスチームが使用するものとまったく同じ品質です。パイプ表面の面粗度(めんそど)を高めることによって作動フリクションは大幅に減少し、動きを滑らかにします。表面硬度はクロームメッキに比べて約2.4倍に高まり、インナーパイプの上下作動や跳ね石などによるキズを防ぎます。耐磨耗性、防蝕性にも優れており、カラーは6種類あります。
(ゴールド・ブラウン・ネイビー・ブルーレインボー・グリーンレインボー・ピンクレインボー)
リヤショックのダンパーロッドにもコーティング可能です。
MEダンピングチューニング、MEスーパースポーツスプリングと併せての施工をお勧めいたします。
フロントフォーク 
MEチタンコートチューニング          :¥138,600-
(インナーパイプチタンコーティング、
 フルメンテナンス/MEダンピングチューニング、
 基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。) 
*カラーは、ゴールド/ブラウン/ネイビーから選択できます。
 ブルー、グリーン、ピンクをベースにしたグラデーションカラーも
 可能です。その場合の金額は、¥161,700-となります。
*MEダンピングチューニングを施す際は、MEスーパースポーツ
スプリングへの変更をお勧めしております。 
MEスーパースポーツスプリング         :¥19,635-
 (シングルレート、低フリクションバフ仕上げ、スプリングレートは
 お客さまの体重、主な用途をお伺いし、スクーデリアオクムラのデータに
 基づいて設定いたします。)


今回、お客さまにお選びいただいたMEチタンコーティングの色は「ネイビー」です。
限りなく「ブラック」に近い色調で、光の当たり具合によっては、ネイビーな輝きも楽しめます。

 このホンダワークスマシン RC213Vに装着されているSHOWA製ワークス仕様のフロントフォークに採用されいるインナーパイプのチタンコーティングとスクーデリアオクムラがお客さまにご提供するMEチタンコーティングは同じ工法で施工されています。

関連記事

  1. 20150123_1223263
  2. 20150408_1297047
  3. 20191214_2355513
  4. 20130527_387699
  5. 20200701_2423538
  6. 20150303_1261701

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP