Blog

20150805_1429133

CBR600RR(2006model)前後サスペンションのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークとSHOWA製モノショックです。
2代目となるCBR600RR PC37後期モデルです。
2005年に初のフルモデルチェンジが行われました。倒立フロントフォークとラジアルマウント・フロントブレーキキャリパーの採用。RC211Vと同じリンクシステムのユニットプロリンクサスペンション。車体全体での大幅な軽量化によって、前モデルに比べて6kgの軽量。カウルのデザインも変更され、RC211Vのイメージに近いものになっています。CBR600RRシリーズの中で一番スパルタンなモデルと言われています。
今回はそのスパルタンなCBR600RRをライダーの意のままに扱うことのできるよう、MEダンピングチューニングによってセットアップいたしました。
フロントフォーク (SHOWA 倒立)
MEダンピングチューニング           :¥50,050-
(フルメンテナンスを含みます、MEダンピングチューニング、基本交換パーツ、
オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
*MEダンピングチューニングを施す際は、MEスーパースポーツ
スプリングへの変更をお勧めしております。 
MEスーパースポーツスプリング         :¥18,700-
(シングルレート、低フリクションバフ仕上げ、スプリングレートは
 お客さまの体重、主な用途をお伺いし、スクーデリアオクムラのデータに
 基づいて設定いたします。)
リヤショック (SHOWA)
MEダンピングチューニング           :¥46,860-
(フルメンテナンスを含みます、MEダンピングチューニング、基本交換パーツ、
オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)



関連記事

  1. 20190204_2230474
  2. 20200204_2373679
  3. 20130910_583068
  4. 20200523_2410972
  5. 20181011_2179285
  6. 20181011_2179253

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP