Blog

20131002_617953

ZX-7RフロントフォークのMEチタンコートチューニングが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークです。
1996年から1999年の間に販売されていたレーサーレプリカの代表格の1台。
ZX-7Rと言えば、現在もカワサキファクトリーライダーの柳川 明選手がスーパーバイク世界選手権を戦っていたことや、井筒仁康選手が全日本ロードレース選手権でチャンピオンを獲得した印象が強いです。
柳川選手、井筒選手のふたりともお付き合いいただいておりますが、ナイスガイ!とてもいい男たちです。


今回はMEチタンコートチューニングのご依頼をいただきました。
フルメンテナンス、MEダンピングチューニング、MEスーパースポーツスプリングでセットアップした上で、インナーパイプにネイビーのチタンコーティングを施して、フロントフォークの作動フリクションを低減しています。販売から14年以上経過しておりますので、インナーパイプに錆があり、チタンコーティングを施工する前に下地となるクロームメッキの再メッキ加工を施工しました。
フロントフォーク 
MEチタンコートチューニング          :¥138,600-
(インナーパイプチタンコーティング、ネイビー、
 フルメンテナンス/MEダンピングチューニング、
 基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。) 
*MEダンピングチューニングを施す際は、MEスーパースポーツ
スプリングへの変更をお勧めしております。 
インナーパイプ再メッキ加工          :¥28,875- x2
(チタンコーティング対応工程、剥離、下地処理を含みます。)
MEスーパースポーツスプリング       :¥19,635-
 (シングルレート、低フリクションバフ仕上げ、スプリングレートは
 お客さまの体重、主な用途をお伺いし、スクーデリアオクムラのデータに
 基づいて設定いたします。)



こちらはスーパーバイク世界選手権戦っていた時代の柳川 明選手
長年に渡り、カワサキファクトリーライダーとして活躍されいます
1971年生まれ、42歳!

そして、全日本ロードレース選手権スーパーバイククラスのチャンピオンを獲得した井筒仁康選手
彼も現役ライダーで全日本ロードレースのJGP-2とST600、そして鈴鹿8耐で活躍しています
井筒選手も1971年生まれの42歳 

関連記事

  1. 20190131_2228715
  2. 20150227_1257442
  3. 20150822_1445647
  4. 20180315_2080080
  5. 20140205_796347
  6. 20150722_1415275

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP