Blog

20150212_1243261
  • BMW

BMW K1前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

マルゾッキ製インナーパイプ径Φ41.7正立フロントフォークとビルシュタイン製モノショックです。
BMW K1は1989年から1993年の間に6,918台が生産されました。
100馬力の水冷4サイクルDOHC4バルブ水平縦置き4気筒 987cc エンジンを搭載したBMW初のスーパースポーツモデルです。
斬新なフルカバーのフェアリングや市販モーターサイクルでは世界初のABSシステム。異形4ピストンのキャリパーをダブルで装備。オンロードモデル初のパラレバーリヤサスペンション。などなど当時としては革新的なテクノロジーを注ぎ込み、新車価格203万円のプレミアモデルは多くのライダーの憧れの的でした。
今回は前後サスペンションに加えてステアリングダンパーのフルメンテナンスもご依頼いただきました。
フロントフォークインナーパイプは錆が発生しており、NGレベルでしたので再メッキ加工によって再生しています。
フロントフォーク (マルゾッキ正立)
フルメンテナンス                :¥48,840-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)

 

インナーパイプ再メッキ加工         :¥44,000-

(左右ペア、剥離、下地処理を含みます。)
リヤショック (ビルシュタインMONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)

 窒素ガスバルブ装着            : ¥2,750-

 バンプラバー交換              : ¥1,100-

 リバウンドラバー交換            : ¥1,100-

 

ステアリングダンパー

フルメンテナンス                :¥14,300-

(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)




関連記事

  1. 20190112_2220842
  2. 20150202_1232587
  3. 20150221_1251091
  4. 20190114_2221555
  5. 20150707_1400935
  6. 20191005_2328125

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP