Blog

20140917_1081978

CB1100 OHLINSリヤショックのMEダンピングチューニングが完了いたしました。

OHLINS製ツインショックです。
馬力や最高速にはこだわらず、「散歩をするような感覚でゆったりと走る」をコンセプトに開発された大型自動二輪車で、幅広かつアップなハンドルを採用しゆったりとしたライディングポジションが特徴です。
前後に18インチタイヤを装着する車体は完全新設計ですが、排気量1,140ccの空冷4サイクル16バルブDOHC直列4気筒エンジンは、腰下部の設計をCB1300シリーズ用SC54E型から流用しているそうです。
「CBシリーズ伝統の空冷エンジン」と評されていますが、冷却機構の実態は油冷に近く、シリンダーフィンからの放熱に加え、オイルクーラーからの排熱量も多いとのことです。
上述コンセプトが支持され、2010年・2011年には小型二輪「401cc以上クラス」で国内販売台数1位となっています。
OHLINSリヤショックのオイル漏れの発生からご相談いただき、さらに路面への追従性を高めたいとのお話しから、MEダンピングチューニングでのセットアップをご依頼いただきました。
リヤショック (OHLINS TWIN)
MEダンピングチューニング           :¥57,200-
(フルメンテナンスを含みます、MEダンピングチューニング、基本交換パーツ、
オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック脱着                 : ¥6,000-


関連記事

  1. 20150331_1288447
  2. 20191203_2351867
  3. 20191005_2328132
  4. 20131001_616743
  5. 20131204_714149
  6. 20130712_485665

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP