Blog

20150613_1370766

ハーレーダビッドソン XL1200L(2010model)フロントフォークのMEダンピングチューニングによるセットアップが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ39正立フロントフォークです。
スポーツスターXL1200Lは、ローダウンしたリヤショックとローシートによって足つきのしやすい、日本人の体格に合わせた仕様となっています。


このスポーツスターに純正装着されているフロントフォークは、フリーピストンタイプ、またはフリーバルブタイプと呼ばれる構造になっており、シンプルなパーツ構成でダンピングを発生させています。シンプルがゆえにコストを抑えることができる点が一番のメリットですが、サスペンションの動き始め、ストロークスピードの低速域でのダンピングをしっかり発生させることが難しいことが弱点です。

 

フロントフォークのパフォーマンスを高めるために、カートッジタイプに組み替えることも可能ですが、スクーデリアオクムラではシリンダとスプリングの間に積層式のバルブを組み込むことでサスペンションオイルの流れをコントロールするシステムを確立しています。
「コントロールバルブ」組み込みによるMEダンピングチューニングでのセットアップをご依頼いただきました。
フロントフォーク (SHOWA 正立)
MEダンピングチューニング           :¥46,420-
(フルメンテナンスを含みます、MEダンピングチューニング、基本交換パーツ、
オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
*MEダンピングチューニングを施す際は、MEスーパースポーツ
スプリングへの変更をお勧めしております。 


関連記事

  1. 20180901_2160860
  2. 20151111_1524204
  3. 20140611_966909
  4. 20190910_2319127
  5. 20131018_642031
  6. 20140327_863196

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP