Blog

20140714_1008070

Buell XB-12Ss フロントフォークのMEチタンコートチューニングが完了いたしました。

SHOWA製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークです。
Buellの設計思想は一貫してハーレーダビッドソンのVツインエンジンを搭載しながらも、250ccクラス並にコンパクトな車体でクイックなハンドリングで軽快なスポーツライディングを可能にするというものです。
そのために燃料タンクを兼ねるメインフレーム、オイルタンクを兼ねるスイングアーム、エンジンの真下に置かれたマフラー、極端に立ったキャスターアングル、超ショートホイールベースなど、コンパクトな造りとマスの集中化が特徴です。
しかしながら、体格の大きな欧米のユーザーから、狭くて荷物が積めないことやタンデムで窮屈なことへの指摘があり、
それらへのBuellからの回答がXB-12Ssということになります。

 

スイングアームを50mm延長し、パッセンジャー側シートとシート下収納スペースを拡大。また、燃料タンク容量を約2.7L増加させ、1回の給油で300キロを超える巡航を可能としています。これらの改良によってBuellはより一層幅広いユーザーの支持を受けるようになりました。
今回はフロントフォークをMEチタンコートチューニング、アウターパイプMEカシマコーティングなどのメニューでセットアップいたしました。
フロントフォーク 
MEチタンコートチューニング          :¥132,000-
(インナーパイプチタンコーティング、ネイビー、
 フルメンテナンス/MEダンピングチューニング、
 基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。) 

MEスーパースポーツスプリング         :¥18,700-
 (シングルレート、低フリクションバフ仕上げ、スプリングレートは
 お客さまの体重、主な用途をお伺いし、スクーデリアオクムラのデータに
 基づいて設定いたします。)
アウターパイプMEカシマコーティング     :¥40,000-
(左右ペア、ブロンズ色、
 二硫化モリブデンを含有した特殊なハードアルマイト処理です。
 パイプ内面のフリクションの低減に効果的です。)

インナーパイプボトムMEアカシマコーティング:¥40,000-
(左右ペア、ブロンズ色)


関連記事

  1. 20200322_2391010
  2. 20140528_949095
  3. 20140711_1004727
  4. 20150220_1250408
  5. 20190831_2315183
  6. 20181108_2193501

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP