Blog

20150418_1309247

MV AGUSTA F4 RR1078前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

マルゾッキ製インナーパイプ径Φ50倒立フロントフォークとPENSKE RACING SHOCKS 8987typeです。
F4-CC(クラウディオ・カスティリオーニ)1,078ccのエンジンを搭載。インテークポートの形状見直しやギヤレシオの最適化によって、低速域からトップエンドまで扱いやすくかつパワフルなエンジンに仕上げられています。
また、従来からのエンジンブレーキシステム(EBS)に加えて、スリッパークラッチの採用によって減速時の安定性を高めています。減速時の車体の安定性は、ハンドリングへの影響が想像以上に大きく重要なポイントです。
シャーシは定評のあるハンドリング性能や成熟されたフレームをそのままに、高性能エンジンに十分対応できるよう更に洗練されています。
今回、サスペンションメンテナンスをご依頼いただいたお客さまは、これまでに所有された全てのバイクのサスペンションチューニングをスクーデリアオクムラにお任せいただいており、その後も今回のように定期的にフルメンテナンスをご依頼いただいております。
バイクとバイクに関わる時間をとてもに大切にされており、バイクを通じた仲間との交流も大切にされている方です。
これからも末永いお付き合いをお願いいたします。
フロントフォーク (マルゾッキΦ50 倒立)
フルメンテナンス                :¥62,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
フロントフォーク脱着              :¥12,000-
リヤショック (PENSKE RACING SHOCKS MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック脱着                :¥12,000-




関連記事

  1. 20150629_1393486
  2. 20130124_62797
  3. 20140805_1033555
  4. 20171202_2030819
  5. 20190205_2230872
  6. 20150310_1268346

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP