Blog

20191214_2355568

GPZ1000(1996model)フロントフォークのMEチタンコートチューニングが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ41正立フロントフォークです。

当時、世界最速バイクとなったNinja GPZ900Rの後継モデルとして1986年にカワサキが投入したのがGPZ1000RXです。GPZ900R用に開発した左サイドカムチェーン駆動の水冷直列4気筒エンジンの排気量を997ccまで拡大した、GPZ900Rを超えるハイパフォーマンスマシンです。エアロダイナミクスを意識したミラーのデザインや、カウル一体型のウインカーの採用は当時、新鮮なフォルムでした。

今回は純正フロントフォークに採用されている「フリーピストンタイプ」の内部構造に対して、スクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」を組み込むことで、サスペンションオイルの流路に工夫を加え、しっかりとしたダンピングを発生させるチューニングを施しました。また、作動フリクションを低減させる目的で、インナーパイプにゴールド色のMEチタンコーティング、アウターパイプにMEカシマコーティングを施しています。

 

こちらがスクーデリアオクムラオリジナルの「コントロールバルブ」の構成パーツです。「フリーピストンタイプ」のフロントフォークのダンピング特性を高めるためにノーマルのシリンダーとスプリングの間に積層式のバルブを組み込むことで、サスペンションオイルの流れをコントロールして、ギャップ吸収性を高めることで、接地感がつかみやすく、質感の高いサスペンションに仕上げることができます。オイルロックピースのテーパー角を変更することで、実有効ストロークを増やす工夫もしています。

#スクーデリアオクムラ #サスペンション #フルメンテナンス #サスペンションチューニング #サスペンションメンテナンス #サスペンションオーバーホール #KYB #SHOWA #BPF#フロントフォーク #リヤショック #MEチューニング #奥村 裕 #PENSKE RACING SHOCKS #ペンスキーレーシングショック #OHLINS #WP #HYPERPRO #HYPERCOILS #SCUDERIA OKUMURA #BPF #チタンコーティング #カシマコート #コントロールバルブ #GPZ1000

関連記事

  1. 20190831_2315070
  2. 20190415_2260306
  3. 20181209_2207407
  4. 20140515_933012
  5. 20140402_871838
  6. 20191217_2356487

最近の記事

  1. recruitment
  2. 20211225_2573700
  3. 20211126_2567255

アーカイブ

PAGE TOP