Blog

20150703_1397241
  • KYB

GSX-R1000(2006model)前後サスペンションのフルメンテナンスが完了いたしました。

KYB製インナーパイプ径Φ43倒立フロントフォークとKYB製モノショックです。
2005年には1,000ccのレースレギュレーション内でのさらなるパワーアップを主な目的として2回目のフルモデルチェンジを受けました。エンジンはボアを0.4mm広げて73.4mmとし、排気量はほぼフルスケールの998.6ccとなりました。最高出力は178ps、車両乾燥重量は166kgに仕上げ、パワーウエイトレシオは、0.93kg/psとし、F1並のスペックを達成しました。
この2005年モデルでスズキはスーパーバイク世界選手権にワークス体制で参戦し、タイトル獲得に成功しています。
今回は前後サスペンションのフルメンテナンスをご依頼いただきました。
サスペンションを使い込むことによって、サスペンションオイルの劣化、オイル流路へのスラッジの堆積、バルブシムの劣化、メタルの消耗、オイルシール/ダストシールの硬化、インナーパイプ/ダンパーロッドの傷や錆などが進み、本来の性能を発揮できない状態になっています。正しいメンテナンスを施すことで新品時を上回るパフォーマンスを得ることができます。
フロントフォーク (KYB 倒立)
フルメンテナンス                :¥32,670-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)
リヤショック (KYB MONO)
フルメンテナンス                :¥29,260-
(基本交換パーツ、オイル、パーツ超音波洗浄/計測/研磨を含みます。)




関連記事

  1. 20140107_759543
  2. 20121220_9863
  3. 20140604_958397
  4. 20130731_516441
  5. 20191110_2342318
  6. 20130404_250596

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP